借入する消費者金融は

さまざまな支払いに友人との付き合い、子供の学費、旅行に買い物と、現代に生きる私たちの生活は何から何まで支出に囲まれています。

このほかにも基盤となる住宅費に食費、水道、ガス、光熱費とくれば手元に残るお金は微々たるものとなってしまうことでしょう。

そして急な出費のときに限って手持ちがなく、銀行にもお金がない。

こんなときにすぐに力になってくれるのがキャッシングの存在なのです。

キャッシングは現金を借入することであり、借金であることには間違いありません。

借金というと一昔前の暗く危ないイメージが残っていることもありますが、現代のキャッシングはCMがお茶の間にも登場するほど親しみやすいものとなっています。

今日たくさん存在する金融業者の中でも古い歴史を持つのがプロミスであり、1962年の創業から東京証券取引所市場第一部に上場する大手消費者金融業者へと成長しました。

少額から始められる「証拠金」

CFDに取り組みたい投資家は、まずCFD業者を選んで「バーチャルCFD」を体験することから、始めましょう。バーチャルCFDで「儲けの出方」「ロスカットをされるのは、どういう場合か?」といったことを体験しておく必要があります。取引するCFD業者が決まったら、CFD取引専用口座に、証拠金を預けることで、CFD取引ができるようになります。証拠金を担保に、CFD業者からお金を借りることで、証拠金よりも大きな金額の取引を、することができるようになるのです。CFDはFXと同じく「証拠金以上の額の取引が、簡単にできてしまう」という点が、美味しい点でもあり、同時に怖いところでもあります。最初に預け入れるべき証拠金の額は、CFD業者や取引する銘柄にもよりますが、取引金額の1%~10%程度の証拠金を用意すればいい、としている場合が多いようです。これにレバレッジを設定することで、証拠金の何倍もの金額を動かすことができるようになります。このことは、「初心者にはリスクが大きい取引でもある」ということでもあります。レバレッジを高くかける取引は、儲けが出た場合には「おいしい」と感じられますが、損失が出た場合には一気に資金を失うということもありますので、初心者の間は特に、このことに注意が必要なのです。

CFDとFXには共通点

CFDとFXには共通点が多数あります。また、まだまだ日本に導入されて新しいCFDに挑戦しようという人は、FXや株取引などを経験して、腕に覚えのある人が多いです。

そのため、CFDは「他の投資経験がまったくない」という人が、初めて取り組んでも良い取引とは、言えないかもしれません。とはいっても、いくら他の投資で実績を上げてきた人でも、初めは誰でも初心者であるのも事実です。CFDの特長として「少額の証拠金」で「レバレッジを効かせて大きな金額を取引することができる」ということが上げられます。FXと共通していますね。その分、リスク・デメリットの面でもFXと共通することが多いです。

また、FXにはかつて、悪質な業者が乱立して様々な問題が起こった、法規制を強化することによって悪質業者が排斥され、改めて注目が集まったという歴史があります。しかし、CFDに関しては、まだまだ「存在そのものが知られていない」という面もありますが、FXのときの教訓を生かして、各業者とも「安全性」「信頼性」などをアピールしています。

また、CFDは銘柄をうまく選びさえすれば、ほとんど24時間にわたって、投資活動ができます。これもFXと似た点ですね。副業としてCFDに取り組むということも可能ですので、自分のライフスタイルに合わせて、投資銘柄を選ぶと良いですね。